09/26 RAG FAIRの音楽室2/zaiko(収録配信)

第2回!

チャイムからチューニングの流れはそのまま、今回は『Dip! Dip! Dip!』からスタート。リーダーカウント。KWANIさんが聞こえやすくなってる!

キーとテンポがこのくらいになると、どことなくオールディーズっぽい響きが強くなる。歌詞があるようなないような曲のキーが動く面白さもあっていいなあ。

後半のOh~what's you say、で前にでてくるDaichiくんカニさん。今回もよろしくお願いします!

礼央さんがかとちを追っかけるのを皮切りに、みんなでぐるぐる回り始める。近いカメラに向かってキメて「Dip!Dip!Dip!」動きすぎてハッとするKWANIさんと健ちゃんとリーダー。定位置に戻って「Dip!Dip!Dip!」!

 

引地「どうもみなさんようこそ、音楽室ツーへ!」礼央「にじゃない?」ということで「に」です。

前回に続いてみんなマスクで。礼央「だからひとりが動いたら、それに合わせてみんな動かなきゃいけない」加藤「そうそうそうそう」前回に続き狙う先輩、避ける後輩。礼央「僕が動いたら動かなきゃいけない」D「おーうわーちょちょちょ、来ないで」礼央「というわけでそういう風なことですから、よろしくお願いします」

礼央「あーあと、KWANIさんとDaichiさん」K「よろしくお願いします」D「よろしくお願いしまーす!」今回もよろしくお願いします!

 

礼央さんがピアノについて、『ココロ予報』。リーダーがピアノの向かいにつく。KWANIさんはコーラスへ。

歌詞に合わせて顔洗って歯を磨くリーダー。追っかけはみがきの他4人。一瞬一瞬の音の積み方をピックアップしていく礼央さんのピアノは、なんだか「縦のピアノ」な印象。

サビでゆらゆら揺れてコーラス入れるかとけん+KWANIさんがかわいくて好きです。

2番冒頭では礼央さんがベースに入る。リーダーの昼休みの裏で正面カメラにズームイン!する3人*1。雲をつかむリーダー。礼央さんは流れるようにピアノへ。この2番のリズミカルな感じがすごくいい。リーダーは歌詞をこまごま拾って、スマホに向かったり正面向いてみたり。

夏が過ぎて、楽しくわくわくした感じ、なにかが始まっていく感じが、きっと今のRAG FAIRにうまく合わさったんじゃないかな。聞けて嬉しい1曲でした。

 

礼央RAG FAIRの、実験室ー!!」「いえーい!」

今回は? 礼央「スーパーマニアックです。マイクの違いをお届けいたします」(PAの)テツくんにお願いして色んなマイクをそろえてもらった一同。ボーカルマイクを揃えて下さったようです、ありがとうございます!Daichi君を使った実験もひとつありつつ、礼央「やっぱまあ一番ポップに行くには、やっぱ高いのと、安いマイクの違いに興味があるかと思いますので、ちょっとこちらを用意しました健一さん、大事に持ってきてください、お願いします」健「ハイ、かしこまりましたー」マイクを持ってくる健ちゃん。D「高そうだなー」礼央「テツくん、これはなんというマイクですか」テツ「これはですね、ノイマンというブランドのM149(Tube)というマイクなんですけど、」礼央「おいくらぐらいのものなんですか」テツ「だいたい実売50万ぐらいのもの」ひえー。 礼央真空管を使って、なんか、音を」テツ「そうですね」礼央「だから使うまでの時間、あっためなきゃいけない」へえー。

もう一方は?礼央「これいくらなの」加藤「これは1200円」「やすっ」

礼央さんいわく、かとちは昔からマイクにやたらこだわると。「そんなに言うんだったら、加藤はこれの違いがわかんのか、って話なんです」加藤「いやもう、わかるでしょ」おお! 礼央「ということで今日はちょっと、格付けチェックみたいなことを、『この2つの音を加藤は聞き分けられんのか!』をやりたいんですが、画角がもう一つ空いてるので洋輔さんも参加お願いします」

鏡で歌ってるマイクが見えてしまうのでアイマスクを装着するふたり。リーダーの耳が大渋滞になりつつも準備完了。礼央「じゃあ早速参りましょう。……音のこだわりのふたりは、マイクの違いが判るんでしょうか。実質50万円のノイマンと、1200円のマイクの違いいきましょう。じゃあまずはAです、健一さんお願いします」

AとB、それぞれのマイクでDream Makerの1番Aメロを歌う健ちゃん。ちなみに視聴者にはどっちがどっちだか見えてます。

礼央「……じゃあまず、Aがノイマンだと思った人は、挙手をお願いします。Aがノイマンだという方は手を挙げて下さい」あっひとり挙げた!!ということは!!

礼央「じゃあ続いて、Bがノイマンだという方、手を挙げて下さい」もうひとりが挙手。

礼央「はい。じゃあまず洋輔さん。なぜそちらをノイマンだと思いましたか」引地「やっぱね、ノイマンは伝わる情報量が全然違うね。伝わるよ、健一さんの良さが伝わってきた」礼央「ほおーなるほど。加藤さんは」加藤「えーとですね……その……」何かに気づき始めるリーダー。ここでアイマスクとマスクで挙動不審な動きをするリーダーがほんっとに面白い。加藤「(ノイマンだと思った方は)広い、広い感じ」ざくっとトークを切ったけど、言葉を選びながら丁寧に自分が選んだ理由を解説してくれるかとちなのでした。

礼央「さあ、参りましょう。正解の人の肩を叩いてください。健一さんお願いします」歩き出す健一さん。健「こちらでーーーす!!!」果たして健ちゃんが叩いたのは…………!?

テツさんによる補足でまたひともめしたりしなかったり。リーダーにかぶせ気味に礼央さんの挨拶があって、実験室コーナーは閉まっていくのでした。

 

一転して『woman』。これも礼央さんがピアノ。

健ちゃんが礼央さんの脇に立つ。ピアノとボイパと健ちゃんの声、みっつだけの音で綴る部分の生々しさ。生々しく美しい感情を零れそうなほどに歌っていく健ちゃんが素敵。歌いながら、歌詞になぞって手でゆっくりと扉を開けていく。最後のサビに向けて、すうっと息を吸う音だって聞こえてしまう。

KWANIさんが健ちゃんとハモったり、かと思うとかとちの下に入っていたりと、柔らかく動く。 

 

そのままアカペラで、『かえりみち』。 Daichiくん・KWANIさんがかとちの隣へ。

アカペラだとイントロがゆったりめで、Aメロでどことなく緊張感がある積み方が多め。ピアノが入ると「あったかいおうち」にフォーカスが当たって、アカペラだと「今日のわたし」にフォーカスがあたる感じ。

配信日、リアルタイムで見てたら雨だったんだよね。あったかいものが欲しくなる感じがリンクして、より雰囲気が出てたなあ。ココロ予報を前半でやって、後半にこれがきたのも効いてる、と思う。

 

洋輔「というわけでね、お送りしてきました。音楽室に?にですよね。2回目にして、もう実験やりつくしたとかありませんか、大丈夫っすか」礼央「何を言ってるんですか。僕の頭の中は実験したいことだらけです、やりたいことだらけです」(中略)

引地「じゃあまだまだね、続けられるぞ、続けるぞ!ということで。"さん"でお会いしましょう。ご覧いただきありがとうございます」礼央「ありがとうございましたー!」引地「じゃあもう1曲、聞いてください!」礼央「あい!」健「おっし、よろしくお願いします」

 

最後の1曲、『HANA』。手拍子から礼央さんがカウントしてスタート。かとちは「大地」でそっとDaichiくんに指をさす。ご機嫌健ちゃん。コーラス「……key of life イェイェイェイ!」いいねえ。礼央さんのリードを箇所箇所でリーダーがなぞっていくのが好き。

間奏部分で礼央さんが他のメンバーを手招きして、RAG FAIRが前に出てくる。最初は表拍で手拍子、途中から裏を食っていく。リーダーが、健ちゃんが、入れ替わり立ち替わり前に出ては戻っていく。KWANIさんとDaichiくんはリズムキープ。礼央「今日はほんとうに、ありがとうございましたー!」

アウトロでみんな段々派手に踊りだしちゃうのも好き。それぞれが、本当に楽しそうにリズムをとって踊るんだよ。

 

礼央「ありがとうございました!」加藤「ありがとうございました!」礼央「まったねー!」ありがとうございましたー! 

 

追記には今回の告知動画一覧+iTunesリンクをまとめておきます。次回以降は告知動画記事+iTunesリンクの記事を作っておいて、配信以降はそれを追記にもってきて本文では軽いレポ、みたいな形式にしようかなーと思ってます。ではまた次回!

 

 【告知動画】

9/26(土):HANA

 

HANA

HANA

  • provided courtesy of iTunes

 

9/25(金):ココロ予報

 

ココロ予報

ココロ予報

  • provided courtesy of iTunes

 

 

9/23(水):woman

 

woman

woman

  • provided courtesy of iTunes

 

Dip!Dip!Dip!

 

Dip! Dip! Dip!

Dip! Dip! Dip!

  • provided courtesy of iTunes

 

おまけ)実験室パート

*1:この曲、「ズームイン!!」で使われてた時期があるのです。このコーラスアレンジはもちろん光田さん。