一緒に楽しむ『RAG FAIRの音楽室』

*最終更新:8/28 告知動画の曲を解説*

 

タイトル通り。

 

発表になった配信ライブ『RAG FAIRの音楽室』、RAG FAIRの配信が初めてなので、きっと動くRAG FAIRがはじめましての人もいるよね? ということで、そんな人向けにざっくりと作った入門記事みたいなやつです。

あ、私も、何をするかはよくわかってません。告知を見る限り、「歌う」とは一言も書いてないので、歌わずに終わる可能性だってあるなあ……と思ってます。8/25追記)告知見たら歌ってたね

どっちにしろ、メンバーの顔と名前(と声)だけでも一致させておいた方が楽しいんじゃないか?という、平たく言えばおせっかいでこれを書いています。

 

他の記事よりは読みやすく、わかりやすくなるように頑張ります。

 

 

現メンバー(敬称略)

*8/25 礼央さんのtwitterに告知動画があがったので、メンバー説明をそちら基準に差し替えました*

以前の「アートにエールを!」バージョンはこの記事の一番下に送っておきます。合わせてそちらもどうぞ~!

この上の6分割の左から、敬称略で、

となっています。曲はもちろん「恋のマイレージ」!

恋のマイレージ

恋のマイレージ

  • provided courtesy of iTunes

 

公式HPを使って、もう少しRAG FAIRのメンバーについて詳しく。

https://www.ragfair.jp/pages/79121/bio

 

記事執筆時点で上のリンクに飛んだら、並び順と名前とがしっちゃかめっちゃかでびっくりした。そのうち直ると思います。

正しくは「L→R:荒井健一引地洋輔加藤慶之土屋礼央(全員vocal)」です!サイトに載ってた順番で覚えようとしてる人は思いとどまって!この順番が正しいから!!

 

この「正しい並び順」に沿って、ちょっとずつメンバー紹介をしていきます。

 

荒井健一

コーラスもリードもできる。とにかく「いい仕事」をする人。

リードを取るときに、自分の感情と歌の世界で持っていく人。あそこまで空気を変えていける人はなかなか珍しい。

(すっごい前に金髪にしてたのはこの人)

モカン(後述)・BROAD6(追記に畳んでます)のメンバーでもある。

 

引地洋輔

リーダー。とにかく「音に正確に歌う」人。

「ちょっと引っかかること」を見つけるのが得意で、その解決方法も独特。

作詞になると韻を踏んだりダブルミーニングを散りばめたりと、聞いてると「ああ、これはリーダーが作ったな……」って一発でわかる。

福島県出身で、NHK福島「こでらんに5」の曜日パーソナリティをやってたり、福島フェスを開催したりしている。

 

加藤慶之

とにかく「なんでも一生懸命」な人。一生懸命喋って、一生懸命歌う。

歌える音域がものすごく幅広い。音源のだいたいのトップコーラスはこの人。

低音の共鳴する感じ、じんわり響かせていく感じに人間味が出てるよなあ……と思う。

健ちゃんと同じく、ハモカン・BROAD6のメンバーでもある。

 

土屋礼央

とにかく「幅広い」人。

一番あっちこっちに出ていて、とてもよく喋る。

歌と、歌を含めた環境を丸ごと楽しませよう! という考えを細部までしっかり持てる人。「エンタメの建築」ができる。

ソロプロジェクト「TTRE」も好評活動中。

 

サポートメンバー

KWANIさん(カニさん/Bass)

ボーカルグループ「ダイナマイトしゃかりきサ~カス」所属。

元々RAG FAIRのメンバーと番組やステージで共演したこともあって、ボーカルサポートが必要な時にお世話になっている。RAG FAIRのCDでベースをやっている音源はとっても貴重*1。4人のMCをにこにこ見守ってくれる、とても優しい方です。

しゃかりきのライブも、パワフルで元気になれる楽しいライブです。私もとっても好き。

 

Daichi(ダイチ/Voice percussion)

RAG FAIRが出ていたハモネプを見て育ったビートボクサー&Youtuber。(経歴/Youtube)

RAG FAIRと同じ事務所のアカペラグループINSPiと、定期的に"DaiSPi"と称してライブをやったりしてる。(8/30(日)にも配信ライブやります!)

Daichiくんのすごいところは、「(RAGでボイパをやってた)おっくんの音」と「Daichiの音」の出しわけができて、サポートに回るときは完全に「おっくんの音」が出せるところ。twitter礼央さんがあげた予告動画*2(文末脚注で乗っけてます)を見て、おっくんと勘違いする人がぽつぽつ出てくるくらいの再現度なのが本当にすごい。

RAG側もそこにとどまらせるんじゃなくて、ちゃんと「Daichiの音」を聞かせる時間もつくるのがすごいなあ……と思ったので、Daichiくんを好きで見に来る人も損はさせないです。というかそもそもRAGは大先輩なので、そういう共演としても見てほしい。

 

配信で、アーカイブが残る関係なので、まあ曲はオリジナルかなあと。……ただ、告知を見る限り、歌わないかもしれないけども(この「歌わない」がマイナスの意味にならないのがRAG FAIRのすごいところ)。

先述した予告動画で、鏡の中から加藤さんが歌っていたのは「昼寝」という曲です。

 

予告動画の曲(8/28追加)

告知動画がアップされている順番に。

この後にも、この記事の初版の時にテンション上がって結構色んな曲を紹介してます、が、初回はここにある3曲を抑えておけば充分じゃないかな?

 

恋のマイレージ(再掲)

 

恋のマイレージ

恋のマイレージ

  • provided courtesy of iTunes

 

 ・ハレルヤ

 

ハレルヤ

ハレルヤ

  • provided courtesy of iTunes

 

・昼寝

 

昼寝

昼寝

  • provided courtesy of iTunes

 

メンバーそれぞれについての音源を少しずつピックアップしていったら長くなってしまったので、これ以降は追記に畳みます。気になる人はぜひぜひどうぞ。

……多分、多分だけど、ここまで書いてきた私が言うのもなんだけど、無理して色んな曲のことを頭にいれなくても、楽しく見られるようにしてくれているはずです。RAG FAIRはそういうことができる人たちなんです。 

ともあれ、気になる人も、ならない人も、『RAG FAIRの音楽室』、これからどうぞよろしくお願いします!

 

ということで音源を。新しめの音源のものと、RAGのものを並べながら少しずつ。以下敬称略です。

RAG FAIRの音源は大方各サブスクで配信してますが、amazon music系列では未配信、洋輔さんソロにもバラつきあり、TTREに関してはiTunes以外では見ない、という感じなので、探される際はお気をつけを……  

 

ちなみに「どうせいつもと違うライブになるならいつもやらなそうな曲を!」という個人的な趣向で、結構マニアックな選曲になってます……(※つまり、「普段のライブで盛り上がる曲」は外してます)

個人的なピックアップ曲/荒井
BOHEMIAN RHAPSODY

BOHEMIAN RHAPSODY

  • ザ・ハモーレ・エ・カンターレ
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

さっき「後述します」って言った、通称ハモカン、正式には「ザ・ハモーレ・エ・カンターレ」としての音源。QUEENのカバーです。RAGでも何回もやってるけど、映像だけなので……

健ちゃんが洋楽カバーをするときの息遣いとか、エネルギーとか、そういうのが全部まるっとつまった曲です。各サブスクでも配信中。

 

woman

woman

  • provided courtesy of iTunes

3rdアルバム「オクリモノ」より。たっぷりとした息遣いと、歌詞の言葉選びと、歌から立ち上がる世界の余白から語る歌が素敵な一曲。

 

引地
まな板のLove

まな板のLove

  • provided courtesy of iTunes

ソロアルバム「Family」より。恋愛と料理を混ぜて2で割らない曲。本人は途中のなぞかけがすごいお気に入りみたいです。

ちなみに「Family」はRAG FAIR Shopで自家通販中です!

 

ココロ予報

ココロ予報

  • provided courtesy of iTunes

 ズームイン!!  SUPERのお天気ソングになってた時期もあるので、なんとなく聞いたことある人もいるんじゃないんでしょうか。朝の清々しさと歌詞の気持ちよさと洋輔さんの歌がぴったり噛みあって、これも素敵な一曲。

 

加藤
月のうさぎとダンスしよう

月のうさぎとダンスしよう

  • ザ・ハモーレ・エ・カンターレ
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

健ちゃんと同じくハモカンのアルバムより。宇宙大好き、あったかいものたくさん大好きなかとちの曲。実体験がそのまま歌詞になっていて、ライブでやるときにはエピソードを話してくれます。

 

昼寝

昼寝

  • provided courtesy of iTunes

さっきの「昼寝」をもう一度。2ndアルバム「CIRCLE」より。

優しい曲を伸びやかに歌うというのは、スキル云々以前に、本当に優しい人じゃないとできないことなので、かとちの優しい曲を聴くと、ああ本当にこの人は優しいんだな、ってことをすごく強く思います。

 

土屋
ユラユラ

ユラユラ

  • TTRE
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

TTRE 2ndアルバム「ユラユラ」のタイトルトラック。表で裏で鳴るフレーズが、歌詞が好きで、春の始まりに聞きたくなる曲。聞いてると、礼央さんが動いて歌ってる姿がちゃんと想像できるから、素敵な曲だなって思います。

 

Magical Music Train

Magical Music Train

  • provided courtesy of iTunes

 RAG FAIR5枚目のアルバム「Magical Music Train」のタイトルトラック。ちなみにこのアルバムは礼央さんが全面プロデュースしてます。このアルバム、賑々しいところが好き。

 

サブスクによってはアーティストプレイリストもあるので、そこからもぜひ色んな曲を聴いてほしいです。Apple Musicはリスト2つともよくまとまってておすすめ。Spotifyは長いのでぜひ少しずつ。

 

ここまで読んでくれたあなたが、少しでもRAG FAIRのことに詳しくなれていたら嬉しいです。しろねこでした。なにか尋ねてみたいこと・説明不足のことなどあれば、コメント欄や質問箱などからお気軽にお寄せ下さいませ!

 

おまけ)紹介しきれなかった曲たちの話

(ツイートスレッド展開してます。クリックして先へどうぞ) 

 

おまけその2)世界アカペラトラベラー(アートにエールを!)

INSPiと合同で「アートにエールを!」に参加して制作した動画があるので、こちらもぜひ。

www.youtube.com

このサムネイルの左上角が加藤さん、その2つ右が健一さん、右上の角から1つ下が洋輔さん、左下角が礼央さんです。

ちなみに動画の中で「On the sunny side of the street(明るい表通り)」を歌っているのは、「BROAD6」という、INSPiのメンバー4人(奥村伸二・杉田篤史・北剛彦・吉田圭介/敬称略)と加藤さん&健一さんを合わせた6人のジャズコーラスグループです。

 

更新履歴

*8/25 私のツイートと問い合わせ先を追加/メンバー紹介動画差し替え*

*8/16 動画を差し込む位置を変えて、インデックスを少し整理*

*1:セブンネットで買えました。今見たら販売終了してるそうです https://7net.omni7.jp/detail/1301330334

*2: