we!プレLIVE 2019/表参道GROUND

会員限定ライブなので、全体的にとてもざっくりと。

差分は相変わらず色んな方から頂いています。いつも本当にありがとうございます!!

 

暗転して入場。特にお揃いのスーツでもなんでもないのに、なんで中に着てる色が全員見事にバラバラなの……暗黙の住みわけさすがや……

 

ピッチパイプが鳴って1曲目。最近めちゃめちゃよく聞いてた曲!!!嬉しい!!

かとちがほんとに、ほんとにかわいい。入れ代わり立ち代わり前に出てくるメンバーが歓声を受けてて、ほんとにさすがwe限定ライブだなあ。

ライブでやるRAG FAIRの曲だと、ダントツでこれが好きです。

 

続けて2曲目。DaichiくんもKWANIさんも一緒に手の振りしてくれてて私は感無量です……うううありがとうございます……

 

MCへ。礼央「福島フェス? これ福島フェスじゃない! 福島でもない!」第二の故郷!

16年5月のヒッヒッフー以来なわけで、引地「お仕事帰りの皆さんありがとうございます」舞台上にもお仕事帰りが約1名。

「おっくんの話していいの?」礼央「おっくんは元気だよ。俺ツイート見たもん」健ちゃんとリーダーは尾瀬とかでパッティングしてるもんね。

サポートKWANIさんとDaichiくんのご紹介。Daichiくんがほんとにすごいんだ。「おっくんの音が出せる」し、「Daichiの音も出せる」。その"Daichiの音"を後ろで聞いて思わず笑っちゃうリーダー。引地「ねえ、今どんな気持ち?」

そんなDaichiにも足りないおっくん要素があったわけで、それはたまたま礼央さんが引き取ってました。れおっくん。

 

3曲目。おめめちっちゃいかとちにきらきら光がともって。まっすぐこっち見て歌うんだよ。ほんとに、まっすぐ。

礼央さんはぬるっと入って、歌ってくうちに声のピントが入ってく感じ。前に来るときはれおっくんじゃなくて、ちゃんと礼央さんで、そういうところが偉いなって。

 

4曲目。イントロで歓声が上がって、会場がひとつになって、ぐるっと回って。しみじみと、私RAG FAIR好きだなあって感じる。

 

そして5曲目。Daichiからはじまって、これが、これが来るか~!!

健ちゃんがポッケに手を突っ込んで歌うのは、多分実はテンション高いときの手癖で。「……今おかしかった?まいっか」

かとちのとこにしゅーっと行って一緒に声重ねるところとかさあ、ほんとハモカン組各地でよく頑張ってるよ。偉い。

 

加藤「健一ほんとすごくて……」ハモカンの健ちゃんを熱く語るかとち。礼央「加藤さんその単語はNGですよ。次なにやるか知ってます?」加藤「……試されてるのかどうかよくわかんない」お笑い難しいね。

 

続いてはメドレー。①曲目、これも健ちゃんから。

原曲の細かい歌詞を拾ってくれる健ちゃんもさながら、これは後ろで刻んでくれるDaichi君が最高。これに勢いを足して突っ走って行ってくれるのが健ちゃんで。久しぶりに聞けてすごく嬉しい。

②曲目は健ちゃんそのままにかとちが入る。このメドレーはね、このふたりだよねー。バチっとはまったユニゾンや、音が波打つフレーズの終わりが気持ちいい。

③曲目はDaichiが一旦受けて、礼央さんが前に出てくる。「もうちょっと遅くできないかな~」「そのぐらいがいいね」なんてテンポ調整しつつ、出発進行。\Pipi,pipi/
間のDaichiソロもしっかり紹介して、おんなじ曲をまたはしご。礼央さんが、歌っててすごく楽しそうなの。礼央さんが歌うこの曲、好きだなあ。

④曲目、これはリーダーと健ちゃん。曲の入りもいいし、健ちゃんとリーダーが交互に歌い継ぐところが大好き。そっからふたり声を重ねていくのもとってもいい。
後ろのコーラスが、音域広く細かいバックを拾ってくれるのも好き。

⑤曲目はかとち。一転して、歌詞を前にしっかりと伝えてくる、押し出してくる。
かとち、秋口くらいからすごく声が安定してきてる。それが歌詞に重きを置いた曲の時に強く活きてきて、とってもいいなあって思う。
最後は大手をゆっくり振って、みんなでコーラス。

 

軽くMCあってもう1曲、これもかなーり久しぶり。最初はDaichi君がおやすみなんだけど、口が歌詞の形に動いてて。それ見てじんわり来ちゃった。ほんとに情景がきれいな曲だよね。

 

お次はweプレLIVEならではの!企画コーナー!!

「今日はweプレ限定だから一緒にダレてみよう」な礼央さん。好評だったらこのコーナーもうちょっとやりたいね、だそうです。もっとやってほしい!!詳しくは!お口チャックするけども!!

 

そしてぬるっとMCがあって、もう2曲続けて。

はじめの曲でDaichi君が台の上へ。曲中もすっごい細かい音拾ってくれるし、手拍子バラつきそうなところはちゃんと煽って整えてくれる。いい子、ほんとにいい子。

Cメロでわーーっと出てくる健ちゃん珍しい。楽しそうで何よりです。

 

そして、次の曲。

一瞬ヒュっと身構えて、でもお互いがそうなるためにこの曲を選んだわけじゃないだろうと思って気持ちをフラットにする。

そうだよ、あの子はちゃんと鮮やかな世界を持っていて、転がってる面白いことをちゃんと拾って集めて、こうだよー☆ って教えてくれる子だった。いつだって、世界は美しい。

1番の歌詞はただただ色鮮やかだし、2番の歌詞はめちゃくちゃメタだし、細かいところまでよくお互い覚えてるし、そう、なにごとも、みんな。

 

ECは各々の告知から。Daichiくんよかろうもん、KWANIさんはしゃかりきと"On the street Corner"と娼和アバンギャルド。健ちゃんオレバズで、かとちが情報初解禁のソロライブ。二人そろってハモカンクリスマツリ。洋輔さんは「クリスマスツリーのコンセントを入れる係」で福島に行くそうです。礼央さんは「俺今真裏で"中居君決めて!!"に出てるから。あとタモリ倶楽部」MCDNはライブ時点でチケットあとちょっと! みたいな話してたけど、めでたく完売!!
それぞれあるけどこれからRAG FAIR歌っていきたいね、っていう話。引地「今日もほんとに遠くから来てくださっている方もいるので、ちょっと東京以外でも」「RAG FAIRまだやってるんだぞ、っていうのを伝えに」

そして最後にもう1曲!
リーダーと健ちゃんがそれぞれのパートでステージぎりぎりの前に出てきて、その後負けじとかとちも前に出てくる……けど、うっかりバランスを崩して倒れかける。そんなかとちを受け止めながら「こいつさあ、」って顔をする礼央さんがいて、それでも一拍たりとも曲は止めない、止まらない。

物販はブラーリFamilyハモカンを一通り。ハモカンはずっと会場BGMになってて、周りの声ちらほら聴いてたら「はじめて聞く~」な方も多かったので、これを機に届いてくれるといいなあ。配信もしてるよ。