BROAD6 tour 2019 ~Dream & Magic Acappella Orchestra~

なんか、そういやBROAD6ちゃんと書いたことないなって思ったので。横浜がベースです。気が向いたらもりもり追記していきます。あ、あと、いつもとちょっと形式様子見です。MCメインじゃないので

曲だけちゃっちゃと見たい方はprivatterに載せておくのでそちらから。

 

Theme of BROAD6

前回"Love Voyage"の最終公演のWECがこれで終わったので、またこの曲からっていうのはとってもよい。北さんからはじまって、だんだん声が重なっていくっていうのは、「声を横に見ていく」感覚が強くて面白いなあ。それぞれの動きを見せて縦にアピールしつつ、全員揃ったら"BROAD6"でハモって、杉ちゃんが後ろで遊ぶ、っていうのが楽しい。

そのまま続くのは"On the Sunny Side of the Street"。センター前に出てきたかとちのご挨拶みたいなソロからスタート。たまーに後ろで合いの手みたいな茶々を入れる圭介さんがいたりいなかったり。

"Can't you-"の声の幅広い感じ、一気に陽が差していくみたいで好き。そして"We're B・R・O・A・D・6"で北さんから順番にポーズ決めていって、"Swing Together On a Happy Way"で一気に一度に動く。このメリハリのよさ!その後の日本語詞に"明るい表通り"が入ってるのも憎いよね。てくてく歩いてみたり、後の"Ah~"で真ん中のかとちと圭介さんがちょっとおどけてみたり。

そして後半の健ちゃんソロ。これがめちゃくちゃ聞かせるようになって、雰囲気をがっとつかんでいく。もう健ちゃんのここ半年くらいの急成長っぷりは素晴らしくて、ほんと見習いたい。で、これをトリガーにして一気に転調していって、かとちがソロとったフレーズを今度は全員でなぞっていくのがまたいいよねー。

この曲は名実ともにBROAD6の名刺代わりの曲みたいだなあと思ってるので、頭の方で聞けると嬉しい。

 

MC1(順不同・公演ごちゃ混ぜ)

「Ladies and Gentlemen,Welcome today(tonight),we are BROAD"6"」

 

「夢と魔法のディズニーです」とけろっと自白しちゃう圭介さん。一応タイトルに冠していいですかってご丁寧にお問合せしたものの、丁寧にお断りされたそう。「我々きちんとお問い合せしたんですよ。そしたら、きちんと"ダメです"って返事がきた」「タイトルに使えないだけで、ここでいうのは問題ない」

「2年間本当になにもやってなくて……」「動画をあげたわけでもなく……」動画はあげてみてもいいのよ?

圭介「おいしいごはんと、飲み物と、景色と、ついでに我々の音楽を」伸二「音楽はついでなんだ」杉田「あんまり謙遜しない方がいい」「じゃあもっと前面に押し出していきます」

最初は思っていたよりも夢と魔法の世界に関する知識ががったがただったのですが、2ndとか2日目になるとポイントポイントで重要なところを抑えてきてましたね。セバスチャンがカニかどうかを2日目に調べてきた健一さん、偉い。
伸「(白雪姫は)リンゴ食べる方」「(シンデレラは)かぼちゃで連れてかれる方」雑ぅ!

あとはスカーフとオリジナルカクテルの紹介も。健「ちゃんと頼んでくださいね」「イケメンのバーテンダーさんがつくってくれるから」。そして健ちゃんは客席にどのお酒が使われてるか聞いちゃったりしちゃう。

健ちゃんがほんとに横浜好調でさ~~「俺メアリーポピンズの曲大好きで」って言って、ソロでsupercalifragilistic~って歌いだしちゃう。2日目は圭介さんが参加したりしちゃう。あとは「It's a small worldにいそう」慶「人形っぽいんだよね」とか言われて歌いながら行進のふりやってましたね。あとはスカーフから飛んだつのだ☆ひろさんのエピソードトークに絡めてメリージェーンをいきなり熱唱した回もあった。情報量が多すぎる。「びっくりした」

……あ、スカーフといえば、かとちはスカーフリングをつかって縦に巻いて、杉ちゃんはシャツのボタンを開けて中に巻き込んでましたね。かとちの可愛さもさながら、杉ちゃんの「社長巻き」がめちゃくちゃハマっててねえ……「会議に遅れてくるタイプの社長」「会議っていうより、パーティーに遅れてくる社長か」杉「やあやあ、やってる? 最後に挨拶したらいいのかな?」まあリアルで社長職ですもの……

それよりも伸二さんのマイクロッドにずーっと置いてあっただけのスカーフ、あれなんだったんでしょうね。

 

「気をしきしめてやっていきたいと思います」圭介さん引き締まってないです。

 

Someday My Prince Will Come

前回ツアー"Love Voyage"でお披露目した準新曲。My Favorite Thingsが6/8拍子だけど、しっかり3拍子進行です!っていう曲はBROAD6では珍しい気がする。冒頭ではユニゾンでしっかり響かせて、その後動きをつけて杉ちゃんが出てくる。けど、杉ちゃん一辺倒にならないのが、ここ最近圭介さんがマルチリードを取るアレンジを多くやってるからなのかなーと思ったり。

"He'll whisper,'I love you'-"のところは確かかとけんだったと記憶してるんですけど、この2年の間にハモカンでばりばりやってたからか、ほんっとに「揃って動く」ようになってる。これ、言葉で書き下ろすのが難しくて……音は離れてても描くラインが同じで、ぴーったりついていくの。これがほんっとうにきれい。

ラストの"Someday my prince will come,Someday we'll meet again"は北さん→杉ちゃん→伸二さん→健ちゃんと前に出てワンフレーズずつつないでいって、"And away to his castle we'll go"はかとち、"To be happy forever I know"は北さんに戻る。このひとりひとりにスポットが当たって、それでも同じ風景を聞かせ続けるその美しさ。ほれぼれしてしまうよね。

 

Day By Day

圭介さんがシェイカーをしゃこしゃこ振るモーションをしつつ、健ちゃんが前に出てくる。健ちゃんリードの1曲。

これ、1番と2番で見せ方聞かせ方ががらっと変わるの。1番は静、2番は動、って感じで。これがまた面白い。間に何人かのユニゾンのボイストランペットも挟みつつ、後ろの音で遊びつつ、ちゃんと健ちゃんの音が前に出てくるから、安心して音の中に身を預けられる。「大きなものに委ねつつ、側にそっと寄り添う」歌詞のスタンスそのまんま。健ちゃん、ほんっとに聞かせる歌い方をするようになったよね……!

 

全員が椅子を前に持ってくる。ちょっと色んな鳴き声がして、One Note Sambaっぽいイントロだけど、それは座ってやる曲じゃないなー、なんて考えてたらかとけんのイントロ。これがあったか、"My Favorite Things"……!

Motion Blue Yokohamaのメニューが最近変わったんですけど、その中に"My Favorite Things"と名の付くカクテルができて。最初のステージでなーんも考えず注文したそれに思わず目をやってしまう。

私ほんっとに伸二さんが歌うこのMFTが大好きで。艶があって、伸びていて、耳元でずっと語り掛けられている感覚があって。細かい息継ぎさえも歌詞として届いてしまう。"わたしのすきなもの"をこれでもかと浴びている贅沢、自分が溶けて、とろけて形を留めなくなってしまうあやうさ、"すきなもの"を好きでい続けられることの幸運さ。

伸二さんの身体の細かな動き方、見せ方全てで世界に引き込んでいく。最初の"Raindrops on roses-"は伸二さんがソロでリード取るのに、また同じ歌詞に戻ってくるときは全員きっちりユニゾンで歌詞を、世界を立てる。ほんっとにわたしの、好きな曲。

 

Smile

座ったまま続くのは杉ちゃんリード"Smile"。これは後ろの追っかけコーラスがほんとうにとってもいい仕事をしている。途中でリードがかとちに変わって、その最後の音を受けてリードが戻った杉ちゃんが転調してくのがすっごいく鮮やか。かとけんが重なるアウトロ"If you just smile......"の、ちょっと不安定だけど余韻が残る感じが好き。

 

MC2(同前)

曲紹介をメインに雑談もまぜて。

圭介「"Someday My Prince Will Come"はジャズの名曲中の名曲なんですけど、元々はディズニーの曲で」慶「白雪姫……だっけ……?」(後々ちゃんと調べてました)

Day By Dayはyoutubeに上がってるやつはちょっとフュージョン系なんだけど、今回はボサノバ風に、とはアレンジャー圭介さんの談。「明るくならないMFT」やら杉ちゃんが「ミスタースマイル」って呼ばれてたりとかしましたね。

圭介「転調しないwhole new world」「逆に新しい」「"新しい世界"」「"逆に新しい" "whole new world"」

圭介「ちょっとメドレーをやるんですけど……これからやる曲言った方がいい?」伸二「イントロで知りたいって」圭介「じゃあやるか」

 

お次は新曲。しばらく聞くと曲調が変わっていって……ああ、メドレーだ!気づくのが遅い!

かとちのソロ終盤にふっと"under the sea"。あ、これ、"The Little Mermaid"!

この数曲を違うリードで歌い継いでいきつつ、1つにまとめていく感じはさすがの圭介さん。だんだん聞きどころがわかってくると、後ろに広がってる景色とか、風景とかもつかめるようになってくる。"Fathoms Below"からはじまって、かとちが"Part of your world"、"under the sea"、"Poor Unfortunate Souls"、色々ありつつ最後にみんなで仲良く"kiss the girl"……と、バックで今までの総集編。見てると展開に合わせてだんだんバックに回ってるメンバーの身体が動くようになっていって楽しい。

 

次も新曲、"A Whole New World"。ソロのリードから全員で歌詞をなぞる流れがぴったりハマっていたのが印象的。リードが一旦健ちゃんにきて、そのまま雰囲気を伸二さんと目と目を合わせて共有しに行ってるのがすごくぐっとくる。
で、後のMCで気づいたけど、転調しないんですよ、これ。ただただ描く世界が鮮やかすぎて、圧倒されるものがあって。魔法みたい、の一言で片づけてしまうととても単純かつ安直で、"殴られたよう"なんていうと粗暴が過ぎるんだけど……

まだ"新しい世界"は開かれるし、それはこんなにも鮮やかで、美しくて、心を震わせることができるものであって。

 

そして圭介さんのベースで誘うは"Come Together"!リードは杉ちゃんです!

途中で北さん・かとち・伸二さんが下がってステージ前には杉ちゃん・圭介さん・健ちゃんだけになる。圭介さんのアドリブベースにスキャットで応えていく杉ちゃん、ハイハット刻んで後ろからぴっしりついていく健ちゃん。これがまさに歌が、ジャズが「生き物」である瞬間だなって実感する。生き物である人間から生まれたものは生き物で、決まった形がなくてもこんなに動きをもって立ち上がらせることができるんだなって思う。

実はこれ、後ろで見てる北さん・かとち・伸二さんも見守り方にそれぞれ性格が出てて面白いのよね。いつもにこにこ楽しそうな北さん、基本見守るスタンスしつつ、そこでそうなる!? って時に苦笑いするかとち、あーそんな感じかーって聞いてる感じの伸二さん。

杉ちゃんが小さくカウントとって、後ろ3人がワンフレーズごとにひとりずつ順番に戻ってくる……というか、順番に声が増えていく。このストップモーションみたいな見せ方と戻り方とが格好良くて好きなんだよね……

Day by dayの時にもちょろっと書いたけど、"静"と"動"それぞれの音の動き方、組み方がものすごくしっかりしてる。そこにその人がいるからこういう音の動きが映えるんだ! っていうのを見つけるたびに、「なるほどー!!」ってめちゃくちゃ唸ってしまう。

 

続くは "Caravan"! かとちがさらっと曲名言うときがかっこいい。圭介さんの入りは似てるんだけど、さっきのCome Togetherから一転して、全員でうねる世界をつくりあげていく。テンポの取り方が倍速になったりまた戻ったり、かと思えば中央にぎゅっと集まってみたり。

そして圭介さんソロのアドリブ! ボイストランペットを入れたかと思えば次はパーカッションをリズムよく刻んでみたり、これがまたすごいんだー。圭介さんを遊ばせつつ、他の5人は揃ってきっちり合いの手を入れてくる。ソロへの拍手も受け取って、再び全員で!

今度は北さん主導で付点を食った手拍子。そのまま会場に手拍子をキープさせながら曲をすすめていく。ここでサイドステップ踏むときがあって、それがかっこいいよね……みんなぴっちり揃わなくても、数人だけが気づいたようにぽつんとやるのもまた好き。

終盤でかとちがソロのスキャットだけでメロディを描く一幕があって、その鮮やかさ、美しさ、脆さが露わになる。歌を歌い続ける限り、ある時は列になったり、ある時は休んだりして旅をし続けていって、景色を描き続けるんだろう。

 

やった曲をふりかえりつつ、最後にリーダーかとちから簡単なご挨拶。横浜2日目からはメドレーの解説をするようになってよかった。伸二「解説したところでもっかいやる?」字幕ありでもう一回!

健「なんか"リトル・マーメイド"って新しい方だよね、"美女と野獣"くらいが俺が中学生(高校生?)くらいの時にいちばん新しいやつだった」杉田「"The Beauty and The Beast"ね」後々ググったけど、この2作そんな公開年に差がないよ健ちゃん……? 圭介「"美女と野獣"もやりたいけど野獣しかいない」
今さらながらのようにメンバー紹介やカクテル紹介をしてみた回もありましたね。

 

「次の曲で最後なんですけど、みなさんの……みなさんの"ゆね"が……みなさんの夢が……」なかなかするっと言えなくて壊れかけちゃうかとち。

 

みなさんの夢が叶いますように、そう言って本編最後は"When You Wish Upon A Star"。そうかあ、かとちにとっては夢は「叶え(られ)るもの」なんだ。

でもなんか、そこでひねちゃったりせずに、ふっと受け入れることができたのが、私にとっては不思議な気分。自分の意思で埋められる自分の余白は、自分にとって美しいと感じるもので埋めていきたいなあ、そう改めて。