BROAD6 tour 2019 ~Dream & Magic Acappella Orchestra~ EC+おまけ

本編はこちらから。 

 

 

センターマイクが一本置かれて、そのままアンコール。リーダーかとちのご挨拶から。2年ぶりでみんな来てくれるか心配だった、って素直に言って苦笑されてしまう、それでも今日ここに来てくれてありがとうございます、ってちゃんとご挨拶。

 本人あんまり気づいてないと思うけど、ちょっとみったさんっぽい感謝も混じりあってきていて、なるほど最近みったさんが折に触れ言う「ひとつになってきた」は、こういう感覚のことも指すのかと。

久しぶりだけど、どう? ってかとちに聞かれた伸二さん、「楽しいです!!」「4thコーラス奥村伸二ー!」

 

そして改めてのメンバー紹介と、それぞれのツアーの宣伝。途中からは後ろのマイクも入るようになって、後ろから宣伝したり茶々を入れてみたり。INSPiは夏ツアー、かとけんは5/26のハモカン

健「加藤さんとは付き合いが長いんですけど。BROAD(6)でも一緒だし、ハモカンでも一緒だし」後ろからとつとつとしゃべり始める健ちゃん。健「元スターダスト☆レビュー光田健一さんとご一緒してるんですけど。小田和正さんの『たしかなこと』っていう曲の後ろで、『ときを こえて』っていうバックコーラスが入るんですけど、それをやってらっしゃるのが光田さんです」丁寧な解説!えらい!

慶「ロックな健一を見に来てください」健「ハジける加藤さんを見に来てください」宣伝ではあくまで後方支援に徹する健一さんでした。

 

そして4/26にお招きいただいたJAZZ AUDITORIAの宣伝も。1stではちゃんと言えてたのに2ndで言葉がつっかかっちゃう(のに途中からやっぱり言えない「豪華出演陣」なんてワードをもってくる)かとちと、後ろから「神田淡路町ワテラス!」ってにっこり拾ってくれる北さん。寒かったけどよかったよ。

 

最後の最後、6人でセンターマイクを囲む曲は「夢見心地」な気分になれる曲、"Stardust"。後ろの歌詞を一度頭に持ってくるコーラスから、かとちが先頭に立って、今度は頭から歌詞をなぞりはじめる。6人がセンターマイクを囲むと、それぞれの手がばらばらに動いているのに、それぞれのパートも音域が近いわけでもないのに、かとちリードの裏でぴっしり"Stardust,stardust,stardust"ってコーラスをしきつめていったり、"Sometimes I wonder-"のところで一斉に指でカウントをとりはじめたり、"inspiration" "consolation"とかの長い単語にこれでもかと色んな音の動きをぎゅっと詰め込んでみたり。なんの根拠もないんだけど、ああ、今日はよく眠れそうだなって思ったりした。

 

最後にもう一度メンバー紹介。それぞれがステージのあっちこっちへいってご挨拶したり。北さんはぱーん! と両腕広げてにっこりしてくれるの嬉しいよね。そんな一方、かとちを紹介するときに腕を取って腕に挙げてみたかと思えば、客席へのご挨拶ではずっと両手を合わせて拝み続ける圭介さん。
横浜の最終公演では 圭介「リーダー杉田篤史~!!」って、それはリーダー違いやねん。そこからセンターマイクにメンバーがかわるがわる来て、お互いを紹介しあったのは、なんか、いいなって思いました。自分から紹介されに来た人*1と最後に自己紹介した人*2がひとりずついたのもなんかほっこり。すき。

 

横浜2日間4公演、久しぶりだったから少しきつかったところもあるかもしれません。まだまだやりたい曲があるから第2弾も! って圭介さん言ってましたが、こちらもまだまだ聞きたい曲と、久しぶりに聞きたい曲もあるので、ほんとに第2弾を期待しております。ありがとうございました!

 

 おまけ)

・メンバーリンク(横浜編)

 

 

 

 

 

横浜の日は2日間とも赤レンガ倉庫入り口で宇都宮餃子祭りやってました。健ちゃん食べたかな。今度は桃泉楼の餃子を食べたいです。

 

・名古屋編

 

 

 

 

・大阪編

 

 

 

 

 

・2019/04/30 それゆけペラリーマン! アーカイブ

(大阪公演終了直後の生放送)

 

 

・その他おまけ 

答え合わせが引用ツイートになってるので編集して引き抜いておくと、

鶏もも肉(奥村)のガーリック(杉田)スパイス(奥村)焼き

・チョリソー(荒井)のペンネ(奥村)アラビアータ(吉田)

・生ハムと苺(北)のサラダ

・ライス(加藤)

 

でした。にしてもリクエストが自由すぎる

 

 

・おまけのおまけ

 

ちなみにこれは平成23年(2011年)のもの。

*1:北さん

*2:健ちゃん