07/19 二人旅/streaming+

 

リアルタイムで視聴した後、アーカイブを見ながら書いています。streaming+で17:00から配信、アーカイブは一週間後まで試聴可能。アーカイブはコメント閲覧・書込ともに不可。

書き方と公開タイミングは試行錯誤中です。
(みったさん=「光田健一」、かしちゃん=「柏木広樹」)

 

チェロのチューニングから配信が乗っかるのが「二人旅」らしい。チェロとピアノ、一緒に入る『+3+4 Steps!』からスタート。左下に曲名があるのがいいですね。かしちゃんよりの画角になって、笑顔が大きく見える。引いた時にはバックに「STRBOE CAFE」の文字。そして音がとてもいい……!

カメラがなめらかにみったさんからかしちゃんへと移動していく。ちょうどみったさんがメインを弾かれるところと噛みあって、その映像のちょうどよさも心地よい。

2人が重なって動くところは、きちんと2人が入る画角で見せて下さるカメラワーク。ちゃんとカメラで映してる人がいるんだなっていう絵の見せ方がすごくいい。

 

柏木「こんばんは!」光田「二人旅です!」柏木「ピアノ光田健一!」光田「チェロ柏木広樹!」柏木「みなさんの画像の前に戻ってまいりました!」光田「ただいま~!」

2人でやるのが久しぶりすぎて、変な盛り上がり方をみせたそうな。柏木「だいぶ早かったよね」光田「ゆっくりもう一回やろうか」

二人旅にとって初めての配信ライブ。 光田「僕生まれて初めてです。どうでしたかこれまでのハイシンコウイは」柏木「ほんとうに申し訳なかった……そうじゃないんだよ」かしちゃんは3回目の配信。やっぱり拍手がないと不安だそうです。

今年の二人旅の流れを汲みつつ、初演の曲も織り交ぜつつ、という本日のラインナップ。

 

島根県安来町、アルテピアの裏側から見える夕日がきれいで、夕日に感動して作って、アルテピアで録音した曲、『夕映えのグランディオーソ』。

みったさんの鍵盤がアップになって、光が当たっていて本当に夕日がさしているようで。細かな弓遣いまでがマイクを通して聞こえてくる。柔らかくて暖かな曲で、ちょうど今の時間帯に弾いて聞くのが一番きれいに響くと思う。

さっきとは反対に、かしちゃんからみったさんへとカメラがなめらかに流れていく。あたたかな場所へといざなう曲だなあ。

 

続けて『白ネズミ』。チェロとピアノがユニゾンになって動く序盤、チェロがなめらかに語っていって、ピアノが後を追う。ここチェロ!って時にかしちゃんのアップになって、ここピアノ! って時にみったさんのアップになる、そんな細やかなところがいい。

みったさんのピアノを跳ね回るおなじみの夢の国のネズミさんににっこりするかしちゃん。かしちゃんが弓弾きに戻って、またふたりの音が合流していく。

 

MC。配信なので、二人旅恒例の光田先生の楽曲解説はパス。かしちゃんがstreaming+のコメントを見ようとしたら入れなかったり、入れてもRouGanのせいで微妙に見えなかったり……
新しいRGKの話とか、諸々が初回半額とかで安すぎると不安だよね、って話をして、かしちゃんはコメントを問うも、やっぱりあんまり拾えず。

 

配信ライブ5日前にできた、ほやほやの新曲の話をみったさんから。遠く離れていても、会えなくても、空はつながってるんじゃないか、音はその空の空気から届くことがあるんだな、そういうものをつくりだしていきたいな、っていう話と、そんな曲。『そらおと~Celestial Song~』を世界初演

 

みったさんが言うように、確かに結構ポップなボーカル曲。ピアノとボーカルが同じメロディをポイントポイントでなぞる。ミディアムなナンバーで、すっきり、からりとした青空の歌だと思う。"Beginnings!"シリーズにしれっと紛れてそうですよね。

ピアノが、チェロがそれぞれリズミカルに音を刻んで、奏でて、歌っていく。最後の"lalala..."コーラスはかしちゃんも一緒に歌う。

 

珍しくマイクをボーカル用とMC用に2本の贅沢、のかしちゃん。みったさんの歌声と喋り声ってどうやって変わる?というかしちゃんの疑問。確かに言われてみれば気になるかも。みったさんからは小田和正さん、佐藤竹善さんのお声のエピソードが飛び出してくる。

 

JR九州ななつ星の曲の話。みったさんが乗られた時の、おいしそうなごはんとピースの写真がかしちゃんに送られてきたそうです。

CDになってるのにななつ星は運航休止中、JR九州のHPはリニューアル中、みったさんのライブもなく、現時点ではどこでも買えないという仕様。オリジナルバージョンで演奏されてる水谷(晃)さんもすごい方だよね、というお話も。

 

輝く星の贈りもの~歓び』を二人旅バージョンで。チェロがつややかに歌う。列車が線路を走っていく音がとっても好きでね。線路の音を交えながら、みったさんが、かしちゃんが、それぞれに様々な景色が入れ替わり立ち替わりしていくその風景の豊かさが、本当に美しい。

 

streaming+のコメントを一生懸命読むみったさん。かしちゃんも全てを眼力に注いで、一生懸命読んでみる。

 

二人旅の新たな配信曲、「雫」の話。いつもの二人旅の曲の作り方と同じように、曲を途中まで作ってその後をみったさんに託すかしちゃんと、かしちゃんから来た曲を完成させるみったさん。かしちゃんはこの数か月くらいで、タイプが割とばらばらな曲を3つくらいまとめてみったさんに送ったそうです。

TODAY for TOMORROWの『シリウス』制作時の話や、レコーディングはかなりスパルタだけど、なんて話も。

柏木「一滴の雫が手の平に落ちて、ふっと上を見た時の音」光田「その雫はやがて海になって人々を幸せにし、涙も包み込んでいく」(※みったさん後半を聞き取りそびれました……無念)

 

雫-shizuku-』。かしちゃんのチェロが静かに広がっていく。みったさんのピアノが波紋を描いて、少しずつ、少しずつ、大きな海をつくる。2人が大きな波紋の中心点で静かに演奏している感じがしていて、一瞬その波の細かな模様を切り取ってみたりと、ああ、確かにこれは間違いようがなく"雫"だな、という曲。

 

急遽MCが入りつつ、"Partiendo"。ピアノの音で、一瞬で世界をもっていく。音がめちゃくちゃいい。チェロが歌う音、指で弦をはじく細やかな音が、瑞々しく隅々まで入ってくる。

みったさんを見ながらチェロを指で弾くかしちゃんに、ぱっと一瞬みったさんが振り向いて、2人が笑顔になる。かしちゃんにバトンタッチしつつ、今度はみったさんからかしちゃんに振り向いて。畳みかけるように2人の演奏が積みあがっていく。

 

本日の中継地のご紹介。国立競技場の近く、北参道ストロボカフェさんから。みったさんはライブの経験があるそうで、光田「5、6年前……」柏木「5.6万年前……」光田「マンモスじゃないんだから」

こういう場所で、早く密になれる日がくるといいですよね。音がナチュラルで、アコースティックライブでよく使われてる場所だそうです。

光田「北参道って、油断すると"北海道"に見える」かしちゃんは翌日免許の更新と視力検査だとか。

 

今年は、みったさんの大好きな方が多く亡くなられてらして。みったさんは南海ホークス時代から野村克也さんのファンだったそうです。新聞記事などもよく集め照らした模様。選手と監督の二刀流な所がお好きなのは、ピアノを弾きながら歌うみったさんにも通じるところがありそうな。柏木「これからは"光田監督"と……」何の話でしたっけ。

 

エンニオ・モリコーネ作曲、『ニュー・シネマ・パラダイス』(メドレー)。去年のハモカンのツアーで「この世のベストスリー」の1位に挙げていらしたり、二人旅でも以前に言及していたりと、本当にみったさんがお好きな曲なんだと思う。

印象的なモチーフを、チェロとピアノのユニゾンでとって、流れるように他の曲につないでいく。美しいものを美しいままに描き出すのはきっととても難しくて、みったさんはそれを壊れないように、しとやかに丁寧に引き寄せて集めている。

 

そして僕らは旅をする』。みったさんのボーカルに、かしちゃんはコーラスでハモったり、チェロで応えてみたり。

カメラがかしちゃん寄りになって、気づいたかどうかはわからないけど、かしちゃんが一瞬笑う。旅……旅だよ、また旅に出られるようになるまでも、それもまた旅なんだ、って言い聞かせてくれているようで。

最後に2人がそれぞれ振り向いて、笑いあって曲が終わっていく。

 

柏木「次の曲で、一応最後ということで……」光田「気持ちで存在を消しましょうか」手の動きでドロンするみったさん。

柏木「"My Treasure"という曲を、ブッ放して終わりたいと思います。今日は本当に、 」光田「ありがとうございました!」

 

二人旅恒例の、"My Treasure"。みったさんは完全に譜面台を倒してしまう。なめらかなみったさんのピアノを見ながら、かしちゃんが音を入れていく。そのうち役割がするりと入れ替わって、今度はかしちゃんのチェロにみったさんが音を入れていく。その後に2人が合流して、激しさとなめらかさが隣り合って、うねりあってひとつの曲ができあがっていく。

 

暗転の後、会場から規則的な拍手。光田「こんな状況でもアンコールのシステムが重視されるんですね」色んな対応してるとこみますけどね。二人旅は"必要最低限"のアンコールだそうです。

コンタクトを取った後、みたびタブレットでコメントを見るかしちゃん。チャットに載るコメントは割と満遍なく拾ってましたね。ありがとうございます。

 

柏木「アンコールをやりたいんですが、その前にね……」ピアノを弾きだして歌うみったさん。かしちゃんが明日(7/20)誕生日なので、ハッピーバースデーの曲とお祝いを! プレゼントはかしちゃんがいいなっていってたシャツだそうです。仕事が早い。

 

それぞれの告知。みったさんはyoutubeにPartiendoの世界初演映像(2015)をアップ予定*1、かしちゃんは8/22(土)に配信+客席ライブを渋谷で。VOICEでもお世話になった、里アンナさんがいらっしゃるそうです。

 

恒例の即興曲、『ありがとう』。チェロから先に歌いだして、みったさんが受けて、やりとりを往復しながらつないでいく。そこからチェロが「ありがとう」って聞こえるようなフレーズを弾いたかと思えば、しばらくしてみったさんの口の形が「ありがとう」って動く。穏やかに、細やかに終わっていく。

 

柏木「光田健一!」光田「柏木広樹!」柏木「二人旅でした!」光田「ありがとうございました!お元気で!」こちらこそありがとうございました!お元気で!

 

 

雫

  • provided courtesy of iTunes

 

*1:後々リンク貼ります