12/25 Oh!クリスマツリ2018/ザ・プリンスパークタワー東京Melody Line(その1)

会場が暗くなって、さあ今回はなんのチャイムが出るかなー? と思ったら、これは、この力強いBGMは……いわずもがな"We will Rock You"ですね……結構ストレートな入りだぞ……

 

我々もしっかり足踏み手拍子。そして当然先陣切って入ってくるのは健ちゃん。他の3人はしっかり手拍子刻みながら入ってきてそれぞれの位置へ。実は陰でかとちがめちゃくちゃノってる。

バックのベース&リズムパターンは土井ちゃん新ちゃんのかしら。ロッドにさしたマイク1本で歌いあげる健ちゃんがめっちゃくちゃにかっこいい。で、後ろのコーラスも健ちゃんに呼応して、ばりばりに力強い。途中で若干勢いあまった誰かとかいたんですけど……

 

そのまま健ちゃんコーレス。「e-↑o↓」からはじまって、Queen本家でおなじみラ行の長いコールもそのままに。後ろのみったさんでさえも若干置いてけぼりにしかける。

そして続くは……?「Dum,Dum,Phsi,」あれ? 「Dum,Dum」んん? 手拍子で応えるパターン? 

会場がなんとなく戸惑ってると、みったさんがリール付きマイクをもってくる。ありがとうございます、って感じで受け取って、そっちに切り替えて健ちゃんそのままボイパスタート! 代わってセンターに出てくるのはかとち! 

 

健ちゃんボイパでもう1曲続くのは、Stevie Wonder "I Wish"!

一転してピアノ・ギターが入って、でも強いビートの感じはそのままで。そして健ちゃんがボイパに回ることでリズム感がぐぐぐっと強くなる。そうそう!かとけんともども、そういうのが聞きたかったの!
手拍子もそのまま裏拍に落ち着いて、このつなぎ方めちゃくちゃに贅沢だなー!!

16年のクリスマツリに同じ構成で"Superstition"をやったのも懐かしく*1。健ちゃんは身体の動きを全部音に変換させるくらいとっても一生懸命で、かとちは自由に気持ちよさそうに歌う、そんなバランスも見てて面白い。

 

M(光田)「みなさん今日は毎年恒例Oh!クリスマツリ!にようこそいらっしゃいましたー!」こちらこそー!M「12月ですよ、師走ですよ。みなさん色々忙しい中、今日はクリスマスですから、あの人と楽しいあんなことをしたり、こんなことをする予定があったでしょうが」ケーキを切って食べちゃうみったさん。M「我々と楽しい時間を過ごすことを選んでくれてありがとうございます!」

M「毎年恒例、Oh!クリスマツリ!2018(にーぜろいちはち)、ですが、去年はOh!クリスマツリ! 2017(にーぜろいちなな)、だったんですよね。恐らく来年は Oh! クリスマツリ! 2019(にーぜろいちきゅー)になると思うんですけど」ここ数年のモー娘。と同じパターンですね。H(長谷川)「今年で最後ですから」M「強調してきますね」ニヤッとするみったさんと、H「平成最後ですから」キリッとする長谷川さん。M「一昨日誕生日だった長谷川友二ー!」なだれこむようにメンバー紹介へ。H! M「光田健一ー!」M! M「加藤慶之ー!」K! M「荒井健一ー!」N!M「皆さん一緒に、あらいけんー、いちー!」N(荒井)「"ん"って合わせづらい」M「なんと我々、『ザ・ハモーレ・エ・カンターレ』、偶然にも、メンバーの頭文字と『ハモカン』という略称が一致しまして」うなずく一同となにか言いたそうな健ちゃん。

M「今日は休憩がありませんから。我々のこういう雑談がチャンスですよ。この間にトイレに行っていただいて。あと今日はおかわりもできますからね、飲み物の。みなさん現金を握りしめて後ろのカウンターに行っていただいて……」N「なんだか中島みゆきみたいだな……」M「道(途)に倒れて誰かの名を……」N「ちょっとその歌よくわからないですね」M「有名ですよ。誰かの名を呼び続けたことがありますか」N「ないです」きっぱり健ちゃん。M「まあねえ……だったら今頃友達じゃない気がするよね」K「いやでも、助けたい感じだよね、健一が倒れてたら」N「助けてくれますか? ほんとですか?」M「誰の名を呼びますか?その時は?」N「……今"ママ"って言いそうになった……、ちょっとネタバレになる」ぐっとこらえきれなかった健ちゃん。M「後半にまた降りてきてもらいますから。そう、我々1曲目は柄にもなくアツくはじまりましたけど、Queenの"We will Rock You"をこの荒井健一が。もうまさにフレディが降りてきたみたいな感じで。また後半にQueen特集をやるので、その時にまた降りてきて頂ければ」N「今あそこら辺にいます」上を向いて見送る健一さん。 M「そして2曲目は加藤慶之がとにかくもう大っ好きなStevie Wonderの"I wish"と続けてお届けしたわけですけども、どうですか、2曲目はどんな感じでやってましたか」N「アルバムのレコーディングみたいな感じで」なるほど……?

M「我々ザ・ハモーレ・エ・カンターレ、2年連続でこのザ・プリンスパークタワーMelody Lineからお送りしているわけですが……合ってるよね?」ちょっと抜けてるけども、去年分担しても正しく言えなかったので大きな進歩。M「見てくださいこの見事な東京タワーが……今は見えないですけども。後ろの方に行けば見えると思うんですよね。後でここが上がって見えるようになると思うんですけど。

なんといっても我々ハモカン、今年はアルバム"That's HaMoKa-Nize!!"を出しまして。皆さんもう既に買って持って頂いていると思うんですけど。まだの方は後ろの方で売ってるのであとで買って頂いて。今日アルバムを買うと、限定のボールペンがついてくるんですよ。ぜひ1枚といわず2枚や3枚……クリスマスプレゼントはもう終わっちゃったか、こう、年始のご挨拶に」お年賀ですね。

M「そんなアルバムから1曲、"Four Brothers"、4兄弟の曲を。あともう1曲、続けて2曲お届けしたいと思います」

 

秋ツアーではやらなかったから実は意外と久しぶり、"Four Brothers"。ちゃんとアルバムの4曲目に入ってるところがぬかりないよね。

かとちは左手でマイク握りしめて歌うのに対して、健ちゃんはスタンドにマイク固定して両手を使って歌う。この2人の対比を改めてがっと注視したなあ。全員同じ歌詞を歌ってるのに、歌い方もパートもばらばらで、それがやっぱりすごく面白い。でもみったさんがどこかで仰っていたように、4人の声ががっと溶け合ってひとつにうねる感じもあって。ほんとに"We're really only four"なんですよ。

そしてまた、特に中盤の細かいアレンジが変わってて、みったさん……! もうみったさん……!

長谷川さんのギターも、音にならない弦の音が届いてくる気持ちよさ。多分この曲はギターに色んな役割が乗っかってきてると思うんだけど、それをさら~っとこなしてらっしゃる長谷川さん。特に各メンバーソロパートのバック!

かとちが特にみったさんを見ながら、腕ぐるんぐるん回してしめるのもすっごく好き。 

 

そのままクリスマツリではおなじみの「サンタが街にやってくる」イントロ。健ちゃんのグロッケンとみったさんのピアノで誘うのは「白い天使が降りてくる」。
Aメロはみったさん、Bメロが健ちゃんに。ハモカンでやると結構しっかりコーラスがフレーズとして聞こえていいなあ。このみったさんとかとちをつなぐ健ちゃんが、息たっぷりで語るような歌い方。

かとちはこっそり「暖めてあげるー」や「目が離せないよー」のところで客席と目線を合わせに行く。そんないたずらがやっぱりすごく楽しそう。

アウトロは「ジングルベル」。みったさんのこういうところがほんっとにおちゃめだなって思います。目の前に一瞬だけこの間の蒲田の夕暮れと寒さがだぶる。

 

M「"Four Brothers"と、「白い天使が……」」かとちを見てちょっとニヤッとするみったさん。M「「白い天使が降りてくる」、でした。白い天使は自分の意思で降りてくるんだよね?落っこちてくるんじゃないんだよね?」K「ええまあ」M「フレディは降りてこないよね?」それはまた後で。M「RAG FAIRバージョンが聞きたい人もいるでしょうけど、RAG FAIR今それぞれ忙しくてなかなか揃わないので、こうして僕らが代わりに歌っておきました。RAG FAIRの曲はいい曲がたくさんあるので、そういう曲を歌っていくのも僕らの役割だと思ってます。目が垂れててメガネだから僕が礼央くん。礼央くんやるために買ったあの、あれ、フェザー」K「ファー」M「あれまだうちにあるんだけど、今度あれ持ってこようか」別にいいです、って顔をするかとち。M「1回だけやったことあるんですよ、礼央くんの真似」

M「みなさんいいですか、今この時間がトイレタイムですよ。それか小銭を握りしめてドリンクのおかわりをしに行っていただいて。池の中に石を入れたり沈めたり……」のってくる長谷川さん。M「あっち側ふたりぴんと来てないよ」世代……

M「長谷川さん昨日のことちゃんと覚えてますか」H「昨日は石井竜也さんのクリスマスディナーショーだったと思います、……確か、大阪で」M「そうそう。僕と長谷川さんが石井さんとこにご一緒してるんですよ。一昨日はどうでしたか?」H「一昨日はハモカンで……大阪の、確かミセスドルフィンさんで……」M「長谷川さんがお誕生日だったから、サプライズをしたんですよ。『アナと雪の女王』の"Let it go"のサビのところを『友二~友二~誕生日おめでと~ぉう』って。で、2部は、『雪の降るまちを』っていう、すんごい暗い曲ですけど、それを『友二のたんじょうび~』って」H「毎年毎年来るだろうとは思ってるんですけど。アナと雪の女王でギターの持ち替えがあるんですよね。で、他の3人はさーっと行っちゃってイントロはじまってるから、追いつかなきゃ、って慌ててるうちにそれが来て。だからそれどころじゃないんですよ。で、終わった後に『一昨年もやったやつだよ(笑)』って」みったさんっぽく喋りつつ、みったさんを指さす長谷川さん。M「毎年毎年クリスマツリに長谷川さんのお誕生日が被るから、毎年びっくりさせよう、っていって」H「『雪の降るまちを』は1番僕ベースやるんですけど、2番は歌わなきゃいけないんですよ。で、そんなんやられちゃったらそのまま歌うわけにはいかなくて、なんか『びっくりしたけどありがとうございます』みたいなことを……どう歌ったか全然覚えてないですけど……」

M「加藤君も誕生日にソロライブやるよね?」K「そうですね。僕2月の27日が誕生日なんですけど、そこから一番近い土日の23日と24日に2daysで。24日は光田さんと一緒に……よろしくお願いします」みったさんとかとちがご挨拶。K「で、23日は長谷川さんと一緒に……」今度は長谷川さんとかとちがご挨拶。M「2月27日って、グッチ裕三さんのお誕生日でもあるんですよ。どうですか長谷川さん、アンコールでハッチポッチのテーマとかやっちゃうのは……」H「ぐへへへ」「今までで一番悪い顔してる」

M「健一は出ないの」N「僕は見に行きます、お金払って。一般まだ*2ですけど。お金払って見て後であーだこーだいう」M「厄介なやつだよ」N「じゃあ隣の人にだけ聞こえるくらいの大きさでぶつぶつ言います」M「それも結構厄介な……たまにミュージシャン仲間でね、ライブとかを後ろの方で見てて、演ってないのをいいことに後で色々言ってきたりすることがあるんですけどね」N「じゃあ加藤さんと一緒に歌います、コーラス入れたり」M「ある一定のところからだけやたら声が大きい、みたいな」N「周りの人に教えておいて、みたいな……『昼寝』とかやるの?」M「おっくん作詞のやつね。どう?やる?」K「やるかもしれないですね……」M「あれ出だしが難しいんだよね」 そして早速やっちゃう面々。 K「……今光田さんわざと音ずらした」M「まあまあ。どう? ハッチポッチのテーマはやる?」K「うん……まあ……」M「やらないとは言ってない」相変わらずニヤッとするみったさん。かとソロはリクエスト受付中です!!

K「……光田さんもバースデーライブしますよね?」M「そうだね。……おっ」今度は長谷川さんとみったさんがご挨拶。H「お世話になります」M「こちらこそ」

 

5000字超えたので一旦ここまで。続きはstylisticsメドレー(とちょっとMC)からです!

*1:東京夜/名古屋夜

*2:12/25時点