すきなものをすきなだけ

みんなと一緒なんて、きっと、つまらないでしょ?

A4から取れるCDブックレットのテンプレを作りました(docx)

お前そんなの作ってる暇があるなら他の記事はどうしたんだって感じですよね。すみません。

珍しく目次付き、画像多めです。

 

実例

A4横印刷、12cm×24cm。サンプルはこんな感じです。

f:id:blanche573:20171007212419p:plain

 

これを印刷して、余白を切り落とすとこうなって

f:id:blanche573:20171007232511j:image

こうなって

f:id:blanche573:20171007232526j:image

こう。

 f:id:blanche573:20171007232942j:image

ちなみに配布するものにはダミーテキストを入れてあります。これをこのまま印刷するとこう。 

 f:id:blanche573:20171007232622j:image

 

f:id:blanche573:20171007232628j:image

f:id:blanche573:20171007232705j:image 

(3枚目が同じ? 気にしたら負けだ!) 

 

どうやって作ってるの?

wordの表機能+余白設定を利用しています。A4からブックレットが中央に取れるように余白を設定してから、ブックレットジャストの大きさの表を作成してます。

 

どこが表紙なの?

f:id:blanche573:20171007212452p:plain

上のサンプルと写真を見比べたり、実際にダウンロードするとつかみやすいかもしれません。左から表4、表1、表2、表3です。表1が表紙、表4が裏表紙、表2-表3が中身だと考えれば大丈夫かと。

 

その他要望など

背景に色を付けたい

→ページレイアウト>ページの色>任意の色 を選択。

「塗りつぶし効果」を選ぶと水玉とかチェックとかもできます。グラデーションも作れます。

文字を打ち直したい/向きを変えたい/場所を変えたい

 →現在の文字は表のセル内に入力してある状態です。セル内の文字をうまいこといじるか、文字を削除してワードアートを追加するかの2パターンに分かれるかと。表1、3は縦書きサンプルになってますので、表ツール>レイアウト>配置 から文字列の方向を変更してみてください。

枠線の主張が邪魔!

→表ツール>罫線>「線種とページ罫線と網掛けの設定」ダイアログから「罫線」タブを選んで、線の種類・色・太さを弄ってみてください。

画像を入れたい

→挿入>図 から挿入したい図を選んでください。文字列の折り返しは「前面」になるように。

サンプルでお借りしたイラストは言わずもがないらすとやさんです。ありがとうございます。

背表紙が欲しい

→列を挿入して、余白もうまくいじれば何とかなると思います。そこまでは対応しきれてないですごめんなさい。

pdfでくれ

→あんまりにも意見が多かったら考えます。現時点では編集したものを最後にpdf保存する形をおすすめしてます。

 

印刷上の注意・対応OS

印刷時は必ず次の点について確認すること。

ページ指定

表の都合上、3ページ目にダミーページが入ります。配布データにも注釈は入れてありますが、必ず印刷ページの設定項目で「ユーザー指定の範囲を印刷」を選び、「1-2」と入力してください。むしろ3ページ目を消す方法募集しています

両面印刷

必ず「短辺閉じ」を選択すること。「長辺閉じ」だと上下ひっくり返ります。

あとはA4.横印刷かも念の為確認しておいてください。

Macでの動作は未確認です、ごめんなさい。一旦Gドライブにあげると表は崩れなかったけれど中の文章の書式は崩れてました。

 

利用・再配布について

利用報告は任意です、通知漏れとクラッシュを防ぐため、報告したい方はテンプレ中のメール、またはお題箱に報告して下さい。

  • 名前(HN.PN可)
  • どこで知ったか(ググって辿り着いた、twitterから来た、友人に教えてもらった、など)
  • 何に使うか(家/学校/の整理に、友人の為に焼いたCDに、など)
  • 改善点などがあれば(随時アップデートする予定です。返事が欲しい方はメールからどうぞ。)

 

二次創作を含む商用利用においては、印刷所さんのテンプレなどがあるだろうことと、諸権利の問題上から自己責任とさせていただきます。また、挿入する画像に関しても著作権・肖像権を踏まえたうえでご利用ください。このテンプレートを利用することによって生じた被害などについては責任を取りかねますのでご了承を。

私用目的を超えての再配布は厳禁です。

 

ダウンロードはこちらから。パスワードはブログIDと同じになっております。

 

おまけ)

Diary Notes 創刊号

Diary Notes 創刊号