読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものをすきなだけ

みんなと一緒なんて、きっと、つまらないでしょ?

11/13 ハモカン宇都宮 2部

しろねこレポ(2016年5月-) ザ・ハモーレ・エ・カンターレ! ハモカン

1部はこちらから


さて、何やら後ろから衣装替えして登場し直したメンバー一同。前半の猫ちゃんベストも私大好きなんだけど、後半のこの……なんて言っていいんだろう、天の川イメージかな? の衣装も素敵で、全員きっちり決まっていて。でもみんな手に何かを隠し持って……?

全員ステージに並んで、みったさんの口上からスタート。「……えー、この世の中には、世にも不思議な物語がありまして」これは……この3人のアカペラBGMは世にも奇妙ななんとやら……かとち完全にコントモード入ってて上むいてるし……「あれはいつだったか、忘れもしない20年前」その言い方矛盾してません!?「とある夏の日のお話でございます。雨が数日間にわたって降り続いておりまして、それが止んだ日の朝、悲劇は起きたのです……家から駅までの道にはなんとたくさんのかえるが!その数、いちにーさんしーごーろくななはちきゅーじゅーじゅーいちじゅーにじゅーさんじゅーしじゅーごじゅーろくじゅーななひき」あっ全部数えた。「そのかえるちゃんが車に潰されていたんですよ……ぶーん、べちゃ、あと16回」これは1回だけで以下省略。というかどうしてみったさんはここをご丁寧に再現なさった……うしろでかとちびっくりしてたよ……

「その時のかえるちゃんを思いながら作った、現代社会をかえるの視点から鋭く切り込む曲です、聞いて下さい、光田健一で「かえる」」

で、まあ、一斉に隠し持ってたかえるのパペット出して、みったさんのソロ曲から4人のアカペラで「かえる」を歌うんですが、まあほんと……いい意味で目のやり場に困ってね…… 長谷川さんと健ちゃんがちょっとちいさめのかえるで、みったさんとかとちがおっきくて色が鮮やかなかえる持ってたんだけど、ほんとにそれぞれのかえるの歌い方が面白くてね……! 歌に合わせて細かく口を動かしてもらってるかえるさんもいれば、時々ただ口をぱくぱくさせるだけのかえるさんもいてね。みったさんのかえるが鮮やかに動いてらしたのが印象的でした。前半はみったさんメインでリード。

後半の歌詞の「いつも騙されている人」で健ちゃんがみんなのかえるに覗きこまれてたり、「実に馬鹿正直な人」でかとちがリードとって、全員でかえるが飛んでくんじゃないかってくらいオーバーな動きつけたり、「何をやってもだめな人」のリードのみったさんがほんとうにだめな感じ(笑)に歌ってらしたり!その次の「心と言葉と頭と顔が~」でもかえるが忙しそうに上下してたり。これ練習も絶対楽しかったろうな……!

もちろんみったさんはここでもコーラスパートを入れてくる。「げー↑ろげー↑ろくわっくわっくわっ」からはじまってかえるコーラスを全員で。途中からみったさん明らかに面白がりはじめてらっしゃるのがわかって無茶振りもしだす(バックのかとちがそれはいいのか、って顔になる)んだけど、もちろん全部拾いました。げこ。

歌い終わった後それぞれがかえるの置き場所を探す。長谷川さんは割とちゃんと譜面台に置けて、みったさんはピアノの中に入っちゃったのを外に出して。かとちは諦めたのか最初からしまいに行き、健ちゃんは後ろの台にうつぶせにひっかけようとしたら客席からブーイングが来たのでやっぱりしまってました。

光「……えー、ということで、なにもなかったかのように次の曲へ行きたいと思います」だいぶ色々あったけどね!?

光「次はRAG FAIRの曲を……このアルバムが出たのって何年前だっけ」慶「もう8年……になるんですかね、2008年の」!!!光「カラーズというアルバムで、僕もアレンジで数曲参加していて。この曲は西沢サトシさんが作曲した曲で、僕がコーラスとかのアレンジをしたんですけど、曲を作るのとはまた違った難しさがあって」みったさんの説明を聞きながらずっとどきどきしてた。そもそもここ最近の私がめっぽうカラーズ推しなんだけど、よりによって前日の寝る前にカラーズ1枚通しで聞いててね……だから本当にリアルタイムで頭の中でトラックが浮かんで、曲がどんどん絞られていく。どれが聞けてもだいすきよ、とも思ってた。

光「この曲はちょっとジャズっぽいアレンジでね」と来たらもう一択!「「eternal weekend~午前0時の恋人たちへ~」ともう1曲RAG FAIRの曲を、名前を言わずにやりたいと思いますんで」

ということできましたエターナル!エロ加藤!この編成で生で聞けてとても嬉しい!健ちゃんの「swinging weekend……」からとても嬉しいし、ハモカンだからこそ前に出てくるコーラスや音もあって、ほんと、永遠にこの曲が終わらなければいいなって……ゆらゆら手を揺らしながら歌うかとちがとてもよかったです。

あと私のわがままここに書いとくと次はハモカンでしっとりflowersやろうよ。

そして波の音のSE。こっちもちょっとひねった曲が来る? って一瞬身構えたけど、「恋のマイレージ」をボサノババージョンで。これをやるとずっとリード取ってるからか、かとちのさざ波の振りが全く出てこないんだよね。「ときめきと胸騒ぎ常夏気分」のあとにそのままのテンションで「イパネマの娘」にするっと寄り道。そのあとまたするっと一緒にイルカを見に戻る。これもほんと大好きな曲で、アレンジで、ライブでしか聞けないのつくづくもったいないよなあと。

光「ということで、RAG FAIRから「eternal weekend~午前0時の恋人たちへ~」と、「恋のマイレージ」、2曲続けてお送りしました。この「恋のマイレージ」っていうのは、原曲はもっと違う感じだけど」慶「そうですね、原曲はもっとぶっとんだ感じで」光「歌ってるときにその時に戻ったりする?」健「……いや、このアレンジは完全に新しい曲として認識してるので、あんまりそんなことは思わないですね」そうね、という感じのかとち。光「この曲はRAG FAIRの曲の中でも結構売れた……」慶「いちばん売れた曲ですね」光「もう街中歩けなかったでしょ」慶「……いやー、普通に歩いてましたね……僕より目立つ人いるんで……」光「ああ、あのファーとサングラスの……僕も一度だけやったことあるんですけど、」!?「目の位置が似てるって言われて。僕がまだスターダスト・レビューにいた時、ベースの柿沼さんからテレビでお前に似た人がファーとサングラスつけてテレビ出て歌ってるぞ、って。それがはじめてRAG FAIRを認識したきっかけですね」思っていたより変化球な出会いだったらぐとみったさん。

そしてグッズの紹介も。光「さっきはさっと通りすぎたけど、結構色々言わなきゃいけないことがあって。……みんな譜面、なにに入れてる?」「えっそれはこう……このクリアファイルに……」光「……そうなんですよ、切り絵作家の岡島由紀子さんという方がいらして。よく僕のCDのジャケットを手がけて下さったりするんですけど、その方がこないだ僕らのライブに来てくれて、歌ってる僕らがかえるに見えたんでしょうね、ちょきちょきちょきーとこういう切り絵が上がってきて。……僕ら「かえる」やるなんてひとっことも言ってないんですよ!? これは偶然に偶然が重なった、奇跡だと思うんですよ。で、せっかくだったらグッズとしてお持ち帰り頂こう、という。まさかもう、その中にもっとなにか入ってるなんてことは、ねえ加藤くん……?」慶「えー、まさかそんな……あー!!ほんとだー!!」クリアファイルの中からポストカードを取りだすかとち。「……最近加藤くんこういうの上手になったよね……!」なぜかここでみったさんにしみじみとされる。「僕らのポストカードもありますので。柄が10個あるんですけど、そのうち4枚しか入ってないという、ガチャガチャ形式になってますので……」それぞれが何枚かずつ掲げた柄をみるみったさん。「荒井くんだけやたら目と目の間が小さくて……かえるってこんな生き物だったっけ……?」健「……ああ、えーと、親の子どもなんだなって、取り違えられたりしてないんだなって……」光「でまあこのかえる、僕はピアノで隠れてるからともかく、長谷川さんはギターから下がまるだしで、ほかのふたりなんてもう、完全にまるだしですよ」慶「きゃー!」かえるで遊んだ後はほかの柄の話にも。光「……健一くんこんな足長かったっけ?」健「元々です」光「足長い感じに撮ってるんだよね」健「いやいや、元々この長さです」光「……ほんとか……?」

次はそんな健ちゃんリードの曲。光「目と目の間が小さい健一くんに歌ってもらおうかと……あんまり見ない顔だよね……」健「これがワールドスタンダードかもしれない……」拍手。光「この曲は世界陸上(正しくはWBCだった模様)のテーマ曲にもなってるから聞いたことある方がいるかもしれないんですけど、Journeyの『Separate Ways』を」

ハモカン2部も後半戦、続くは「Separate Ways」。燃えるような赤い照明と、健ちゃんの力強い歌声と。1部のボヘミアンもそうだけど、秋ツアーは本当に健ちゃんがかっこよくて! 長谷川さんのギターもとてもしっかりと鳴っていて!ほんとうに健ちゃん、熱い子だよなあ……!

荒井健一ー!」みったさんの紹介も熱くなる。「あらい、けんいちー!」「あらいけんいちーん!」

「続いては加藤慶之スティービー・ワンダーです」みったさんの歌番組のつなぎのようなご紹介。お次はかとちリードで「Sir Duke」! このキーのかとちの低音はほんっとにきらきらしててね、音がはねててね、すごく楽しそうで。サビの「Music~」で音が上に駆け抜けていく感じも大好き。きっと歌っててすごく楽しいんだろうなあ。

そして原曲とはまた違う健ちゃんフェイクから始まって、スティービー・ワンダーからもう1曲、「Another Star」。私は「So long~」のところの下から上がってくる、星が内側から熱を帯びてくるような感じが好き。この2曲はほんっとうに言葉がまとまらない、かとちスティービー大好きなんだからもう……!

そしてみたびかとち主導でコーラスコーナー。誕生月でくくってくれたんですけどどこが区切りだったかな。健ちゃんパートと長谷川さんパートとみったさんパートとあって、順々にさらいながら重ねてく。健ちゃんパートは原曲のパートです。みったさんが長谷川さんのところまで行ってコーラス対抗戦に。健ちゃんも移動してたかなあ。

お次は再び健ちゃんリードで健ちゃん曲、「Nanairo」。またステージの空気が、みったさんのピアノの弾き方がガラッとかわって面白い。前2つとは違った聞かせ方の、ほんとうにのびやかな健ちゃんリード。最後は「Lalala……」で会場も一緒に。

光「さっき(=Another Star)の最後すごかったですねー、僕らもなにやってるかわかんなかったですよ」みったさんったらー! 慶「楽しかったですねー」光「ぃやあ、みなさんもほんと、うたいたがりんなんですからねえ」

光「そう、RAG FAIRは今年でデビュー15周年ということで、おめでとうございます」「「ありがとうございます」」「僕は去年20周年記念イベントをやって、このメンバーにも来てもらって……本当に今まで皆さんが支えてくださったからだと思います。楽しかったからもう何年か20周年やってようかと思うんですけど……」長「25周年になっちゃうよ」光「あ、そっか。長谷川さんなんか音楽生活30周年……ということは小学生の時から……」長「精神年齢は今でも小学生ですけど」!?

光「で、そんな僕らの思いを曲にして作ろうかと思ったんですけど、僕が昔いたスターダスト・レビューというグループにね、「思い出はうたになった」という曲がありまして。まあこの曲は最近の曲なんですけど、今の僕らの気持ちにぴったり合ってるな、と思って、ここで歌うことにしました。まあ皆さん人生山あり谷ありで……中には谷あり谷あり、な人もいるでしょうが、でもそういうときも僕たちがここにいて、歌ってるってことを思い出してくれたらいいなって」

本編最後はスターダスト・レビューの「思い出はうたになった」。始まったとたんに、ああ、スタレビっぽい進行の曲だなってわかる。みったさんからリードなんだけど、お茶目なみったさんのMCと、曲の持つ雰囲気の差にのまれてしまってた。順番にリードもまわっていって、とても素敵だったなあ。戻ってきてよかったなあ。

最後は4人で肩を組んでごあいさつ。……のはずが、割と本気で途中まではけちゃった健ちゃん。戻ってきて、ご挨拶をした後に他のメンバーを次々と下ろしていっておりました。

 

 アンコールはおなじみ、マイク1本でアカペラの「星に願いを」から。途中のジャズっぽい進行とか、そこで4人の手の動きがちょっと増えて細かくなるところとかが好きです。ラストもかとちのロングトーンと他の3人の声がきらめいていってね……

光「みなさんアンコールありがとうございます!…… いやー、さっきカーペンターズもスティービーも、全部やっちゃったからもうないかと思ったよ」健「『星に願いを』があってよかったですね」光「うん、だから予定通りちゃんとやりましたよ、ね」

最後の最後はもういっこ健ちゃんオリジナル、「Someday」。サビのSomeday、のハモがきれいな曲。歌がそばにある、っていうのはちょっとさっきのスタレビと似てるかな。涙が雨に変わるところとか、すごくおっきな世界を健ちゃんなりに歌ってる曲。コーラスの割り方もほんといいんだよね……

 光「本日はありがとうございました!明日からまた、谷あり谷ありの月曜日ですが、」おっとそれは思い出したくなかった……「今日の楽しさをぜひ普段の生活に持ち帰って頂ければな、と思います」

もっかい真ん中で肩組んでごあいさつ。今日は本当に、ありがとうございましたー!

かとちブログの前半の写真とか、割と宇都宮が多め(背景におっきな三日月があるやつ)なのでまだの方は是非。かえるがかわいいんだ……本当に……

あ、かえるはみったさん関連の物販か通販限定ですのでおはやめに。みったさんの弾き語りバージョンだけどもHPだと「在庫僅少!!!」ってあおられてるので(笑)、ぜひどうぞー!

 

おまけ;

  • 今回はまだ宇都宮餃子食べてないねえ、って割と序盤のMCで言ってた面々、その後しっかり食べて帰って行ったようです。よかったよかった。
  • 後半でもかとちの「恋」はいじられる。光「ぴちょん、って……」「そっちじゃないです……魚の方じゃないんですけど……」
  • 二子玉のレポでもちゃんと触れようと思ってるけど、カーペンターズの時にぎゅうっと手を握って、親指をぐうっとさせてリードをとる(=「いいね!」のサインみたいな感じ)かとちが好きです。愛がかとちに寄りすぎててごめんね!
  • 12/21追記:かえるのみったさん口上の時のBGMはみっちこっく……もとい、ヒッチコック劇場のようで。みったさん蒲郡での解説ありがとうございます(震え声)