読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものをすきなだけ

みんなと一緒なんて、きっと、つまらないでしょ?

07/13 東京タワー2部

しろねこレポ(2016年5月-) ザ・ハモーレ・エ・カンターレ! ハモカン

1部の記事に引き続き、7月に書いたものを今放流。ステージ向かって左のすみっこにちょこんとささった笹の葉がこの時期ならではの光景でした。

1部の記事はこちらからどうぞ
blanche573.hatenadiary.jp

2部の始まりもみったさんソロから。ゲストきてますよって楽しそうに。
「こないだカレーかラーメンが食べたくなって。どっちにしようかなって迷った挙句、結局ラーメンを食べたんですけど。……カレー、食べたかったなあ。そんなインドカレーに思いを馳せて聞いて下さい、ガンダーラ」
1曲目は英詞のガンダーラ。えっそんな……そんな入りでいいの……?でも曲が進んでいくうちに、きちんと世界に引き込まれてく。1部でも思ったけど、前ふりと曲の落差がいい意味でいちいちおちゃめなみったさん。すごいねえ、面白いねえ。

2曲目はStingからEnglishman in New York。繰り返される"I'm an alien"が曲の途中できちんと聞き取れるようになってきて。知ってる洋楽を聞く楽しみもあると思うけど、初めて聞く曲はああ、こういう世界をもってる曲なんだ、って発見できるのが嬉しい。

「次は小田和正さんの曲を。僕彼の最新アルバムにコーラスで16曲参加してるんですけど」じゅ、じゅうろっきょく……!?思わず会場から拍手。「まあちりもつもればなんとやらって感じですねえ。よかったらそちらも。この曲は知ってる人が多いと思うんですけど。最初聞いたときはただの暗い曲だなって思うかもしれないけど、時間をおいてから聞くとまた違った感じに聞こえてくるんですよ。いい曲なんですよこれ……」3曲目、言葉にできない。さっきはかたかたと揺れていたキーボードが静かになって。これもすごく良かったの。私はまた泣きそうになってた。泣いてたかもしれないけど覚えてない……

そしてハモカン登場。
「ビデオはだめだけど写真はOKなんで、よかったら撮って各所に上げて頂いて。世界一!日本一!森進一!ってな感じで……」みったさーん!グレード下がってるー!後ろで!?!?って顔をするかとちが面白かった。
「僕らこないだそこの横浜赤レンガ倉庫でライブやってきたばっかりで」そこ、っていうけどさりげなく遠いモーションブルー。「今日東京タワー初めて登ったよー、っていうひと」はーい!「都民でも意外と登ったことないよね。さぞかしこう、登るぞ!って気合入れて来て頂けたかと」私は地下鉄の乗り換え間違えないか必死でそれどころじゃなかった。「で、今日ライブやってるここ、club333っていうんですけど、この333ってなんだかわかります?333年前に建てられた(もういくつかネタがあった)……違うんですよ、自分で質問して自分で答えちゃってますけど。そう、東京タワーの高さなんですよね。でもここは150m地点です」

ビートルズから一曲。曲のタイトルを直訳すると「こんにちは、さようなら」ってなりますね。"Hello,Goodbye"」東京タワーのハモカンでビートルズ!!これは贅沢すぎーー!!
かとちはコーラスにフェイクに大活躍。あらけんは体を揺らしたりマイクスタンドを握ったりしながら歌う。無意識のうちに出る、2人が本当に楽しく歌ってる時の仕草が出てて、ああ、ほんっとうに楽しいんだなって。

次はMCなしでそのまま"Let it go"。かとちからはじまって、あらけんと交互にリード。最初のかとちを受けてあらけんがギアを入れて返す、さらにそのあらけんにかとちが応える……これはほんっとうにすごかった!!お互いのリードを聞いて高め合っていくのが!かとちがあらけん側に傾いて、あらけんがかとち側に傾いて。かとちブログの3枚目の写真がまさにそれなんですよ、ほんっと、これはね……すごかった……
最後のサビからは日本語で。「すこしも寒くないわ」ああ、ほんっとうに!

加藤慶之ー!」「荒井健一ー!」「加藤慶之ー!」「荒井健一ー!」「長谷川友二ー!」「光田健一ー!」勢い余りすぎて互いを2回ずつ紹介し合うかとけん。1部では自分で名乗ってたみったさんをかとちが紹介してたところに愛を感じたよね。「互いに互いを褒め合ってるっていう……」いいんですみったさん、もっともっと褒め合って下さい!

「そう、何回も何十回もやってるとあっまたこの曲か、みたいな。あんまりにも続きすぎるとお客さんが腕組んで聞き始めたりしちゃうんですけど、たまにやるとやっぱりいいなって思うんですよ。またしばらくやらないんで今日聞けたみなさんは貴重ですよ」わーい!!

「荒井さん良いシャツ着てますね」「うちにある一番いいやつ着てきました」「僕が貸したんです」!?(多分嘘)「僕も黒持ってるんですよ……健一つながりで」そうなんですハモカンにはふたりの健一さんがいますー!字も一緒!

みったさんが昔いたスターダスト・レビューの話へ。「いるのは知ってるけど存在はよくわからない、そんなスターダストレビューです。つちのこみたいな……」後ろの2人がいるバンドもつちのこ感覚になってる気がしますけどそれはまあおいといて。「僕はこのグループに在籍できたこと自体が財産だと思ってます」グループに在籍できたこと自体が財産。素敵な言葉だ。なんとなく思い出した彼も、そう思っててほしいなって。
「そんなスターダストレビューから1曲、「木蘭の涙」」

各地で大切に、大切に語り継がれている、昔話のような曲。1部のみったさんで心配されてしまうほどぼろ泣きしたから、ましてやハモカンでなんて……ってよぎってしまったけど堪らなかった。みったさんがスタレビで得た財産たるや、ほんとうにいかほどか。

涙を手の甲で拭ってうなずいて、かとちにだいじょうぶよ、だいじょうぶよって。

次の曲の紹介へ。「加藤さんが毎年2月にソロライブをやるんですけど、そこでやってくれてる曲で」あー!これは!「毎年誕生日近くにやるんだよね」「そうですこの曲大好きなんです、みっつただん(噛んだ)が」「大事なとこだよ」普段呼び慣れてないんだな……ヨシ子がみっちゃーーーーーんって叫んで駆け寄るくらいだからな……「1番は僕が前座で歌ってね、2番は加藤さんが歌いますんで」みったさんさらっとハードルあげたーーーーーー!!!!真打ーーーーーーー!!
そんなこんなで「君に夢を伝えたい」。会場クラップ。2番のね、「土日の夜」を「水曜日の夜」にさらりと変えて歌ったかとちがかわいい。
途中でみったさんのC&R。途中で「そんなのも!?」みたいな顔をしたかとちを私は見逃さなかった!でも私は全部やりきったよ!声出すの久しぶりで楽しい!

終わった後もう一度メンバー紹介。3人紹介したみったさんはかとちに紹介される。マイクスタンドをかとちが後ろに寄せて、終わりかと思ったら最後に一曲。「今日ここで、この曲をアカペラでやりたいなって思って」ということで、中央に集まってマイク1本、アカペラでstardust。4人集まって写真が撮りやすくなって、その分シャッター音が響いてて大丈夫かな………?と一瞬心配したりもしたんですが、いやはやこれも本当に素敵でした。

最後のメンバー紹介。今度はみったさんが自分で名乗る。最初は1部だけ来て退散するつもりだったんですが居残って本当に良かった。幸せだった。次は是非、最初からハモカンでおいでませ。

あとこのレポが出るのってきっと8月のラジオ放送がないのを確認してからだと思うんですが……2部の方が聴きなじみがある曲多いけど1部もよかったので……きっとどっちかなのがすごく残念なので音源を……ハモカンで音源を何卒………